貧血による「血液サラサラ」は要注意?

サラサラすぎる血液が引き起こす症状とは?

生活習慣病や高血圧の予防は血液サラサラ状態が重要ですが、実はあまりサラサラすぎるのも問題があります。血液がサラサラすぎるのは濃度が薄いためで、血液中の赤血球の量が減ってしまうと十分に酸素が供給できなくなるため、めまいや体の冷えなどの貧血の症状を引き起こします。
さらに、血液の流れが良すぎると、負荷がかからなくなって低血圧になってしまいます。血液の比重が軽くなってしまうのは、栄養素以外にも、その日の体調や睡眠などの生活習慣も関わってきます。血液比重を正常化するためにも、まずは鉄分を多く摂って貧血を改善しましょう。

サプリメントで適度な血液サラサラをキープ

貧血を防いで血液をちょうど良い状態に整えるには、鉄分とタンパク質、ビタミンCやB群、葉酸などの栄養素を積極的に摂取しましょう。カツオやイワシなどは、貧血予防に最適な食品になり、血液サラサラ効果のあるDHAやEPAも含まれています。
魚が苦手な場合は、サプリメントから成分を補給しましょう。「三黒の美酢」は、血液サラサラ効果の高い黒酢に黒にんにくと黒卵黄油、さらにDHAとEPAを加えた栄養価に優れたサプリメントです。日頃の食事で乱れた栄養バランスを整えるのにも最適で、ちょうどよい血液の状態に近づけてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *